ビジネスをしていて、数字に弱いのは致命傷かもしれません。

「ビジネスをやっていて、

数字に弱いのは致命傷かもしれません。」

 

私も、そんなに数字に強い方ではありません。

強くないので、勉強したり

数字に触れる機会や時間を、

意図的に持つようにしています。

 

領収書を溜めないとか、

会社用の財布と個人の財布と

2つ持つ事から始めました。
私は典型的な文系です。

計算が早い人を見るとうらやましいです。
だから経理も自分ではやった事がありません。

今でも、人に頼んでやってもらっています。
そんな私ですが、ある事件から

考えを改めることになりました。

弁護士を頼まなくてはいけない

トラブルに遭遇したのです!

今から10年近く前の事です。
その当時は今のように

コンサルティングと研修だけではなく

ホームページやチラシなどの仕事もしていました。
ある、お客様が納品も間近と言う段になって

「金払わん!」と言い出しました。

詳細はこの場では避けますが、

電話で4時間も説教(私にとっては言いがかり?)

される事、数回・・・・・
電話や会った際にわめき散らすなど

いろいろありました・・・
何を言ってもわめき散らすので話し合いにならないのです。

金払わん+弁護士費用+デザイナーさんへの支払いなどで

100万円以上の資金繰りが狂う・・・
それまでは、どんぶり勘定でしたが

ここに至っては、シミュレーションが複雑になって

それでは気が狂いそうになりました。
紙に書き出して考える域を超えていました。

会計事務所にお願いして、資金繰り表をもらいました。

しかし数字に弱い私には複雑で、それを見るだけで

さらに気が狂いそうです・・
もっと簡単にお金のやりくりを考えられるものは

無いのか・・・・

今月と来月末をしのげても、その先どうなるのか・・・
長くなるので続きは次回にいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です