明後日の11月1日で私は、創業して13年目に入ります。(メールレターバックナンバー)

明後日の11月1日で私は、創業して13年目に入ります。
サラリーマン時代は、広告代理店、出版社と2社勤めました。

両方の会社で、営業No,1になりました。
そして独立。

と言うと順風満帆に聞こえますが、

独立した経緯は、そんな格好の良いものではありません(-_-;)

体を壊して、泣く泣く辞めたのです。

うつ病になったのです。
休職後、職場復帰しましたが思うようにいかず

この環境にいたら、また繰り返すと思い辞めました。
スタートは後ろ向きな動機でした。

自慢できるような

立派な起業だったわけではありません。

でも、幸いにして

独立直後に、サラリーマン時代のお客様が

そのまま大きな仕事を発注してくれたので

滑り出しは順調でした。

順調だったんです。
そう、そこまでは・・
大口が2年経って無くなってしまいました!!
そこで、これからどうして行こうか・・・・

と考えました。

独立直後から求められ、

サービスでやっていた広告のアドバイスと

フリーの広告マンの2本立てで

行くことを決心しました。
広告についての客観的なアドバイスができる人が

いないことに気付いたのです。
ニッチを探し当てた訳です。

広告代理店(大手)が面倒くさいから

手を付けていないわけです。
しかしニッチと言っても

あるようで無かった仕事です。

市場はありません(-_-;)

当然、苦戦の日々が続きます。
松下幸之助さんが部下に残した言葉

「市場は奪うものではない、創るものだ」

「人にはまだまだ開拓していない未開の原野がある」
講演で、この話を聞く度に

自然と涙がこぼれました。
それくらい今の路は正しかったのか

自信がなかったのです、数年間も・・・

しかし2009年、転機が訪れました。

創業して6年が経過していました・・・

(続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です